ユーザでもないのに、またもや Club DB2 の勉強会に参加してきました。2回連続3回目。
テーマは「実践!!トラブル発生時の対処法 ― こんな時どうする?【問題判別中級者編】」
http://www.ibm.com/developerworks/jp/db2/library/dataserver/clubdb2/2009.html#75


 細かいツールの話はともかくとして、トラブルに対処する際の基本的な考え方はDBMSに関わらず、、、いや、データベースじゃないもっと普遍的な部分でも同じなのだな、と感じました。「トラブル発生。さてあなたがまずすべきことは?」「答:おちつく」 ・・・・あまりにも当たり前すぎて誰も口に出さないのだけど、誰も口に出さないが故にこの当たり前のことを忘れがちになってしまう。この問答の裏には「当たり前を口に出す」というより本質的な意味が含まれていると感じました。
 「怖いログ」もいっぱい見せてもらい、ちょっと早めの肝試しなひとときでした(笑)。
 

 懇親会は例によって20人弱な規模。品川に最近できたばかりのお店できれいでおいしかったですね。ちょっとワインを飲み過ぎた気がしますが、あれ、たぶん(どう考えても)金額足りてないでしょう? どこからか補助出していただいたのでしょうか、、、ありがとうございますm(_ _)m 
 Club DB2 にとって重要な事項も決定され(バージョン9.7の公開に間に合うのかな)、歴史的な場所に居合わせてトクした気分でちゅー。 


 次回も参加させていただきたいと思います。次回はタイミング合えば若い男の子をひとり連れて行く予定。
その次は土曜開催で逆にちょっと参加しにくかったりするのですがまた継続して参加させていただきたいと思っています。特に懇親会などで話をしていると、みんなプロだなーって感じます。深い話から浅い話まで引き出した多い。(特に私は「怖い話(システム的に)」を聴くのが好きなのですが(笑))
 今後ともよろしくおねがいしまーす。7月7日のイベントも、まだ申し込んでいませんが参加の方向で調整中で、こちらも楽しみにしています!



関連リンク:
○Club DB2 場外ブログ
http://clubdb2.blogspot.com/



.